投扇興について

  • HOME »
  • 投扇興について

投扇興(とうせんきょう)は「蝶」という的を「枕」と呼ばれる台の上に置き、開いた扇子を投げて的を落とし、点数を競う古典遊戯です。
この遊びの雅なところは、点数の付け方にあります。主に「源氏物語見立て」や「百人一首見立て」を用いた銘定を使用します。これは扇子を投げた後の扇子・蝶・枕の配置を物語や和歌に出てくる言葉や情景などに見立てて、数十種類の銘に分けて点数を付けています。

投扇興の起こりは徳川家治治世の安永二年(1773)頃の京都であったと伝えられています。
「投扇興図式」の序には「投楽散人其扇とかや云える人は(中略)、昼寝の夢覚て、席上残せる木枕の上に、胡蝶一つ羽を休む、其扇傍に有りし扇を取って、彼蝶に投打てば、扇は枕の上に止り、胡蝶は遥かに飛去りぬ(中略)、是より投壺の遊を思ひよりて…」別の書物によれば、大阪を発祥とする記述もありますが、ともかく関西で起こり、その発想は奈良時代に中国から伝来した「投壺(とうこ)」という矢を壺に投げ入れる遊戯にありました。
枕の上に乗せる的は独特の形をしていますが「蝶」と呼ぶのはこの話で納得がいきます。また的を乗せる台は「枕」と呼んでいますが、一口に枕と言っても、現代のようなクッション性のある柔らかい物もあれば、籐で編んだ物、木で作った箱の物、さらには陶器の物もありますが、当時使われていたのが箱型の木枕だったために、的を乗せるのが木の箱になったというのも面白い話です。
どこまでが真実か分かりませんが、その情景を想像してみると、何となくのどかで微笑ましい気がします。

時代の移り変わりにより流行も変わっていくもので、江戸時代には庶民の間で大流行した投扇興も、明治以降はごく一部の人たちの楽しみとして伝えられ、今日に残されてきましたが、近年になって投扇興を競技として見直す活動が起こり、全国規模の大会まで実施されています。

(投扇興の試合)

PAGETOP
Copyright © 日本投扇興連盟 埼玉県支部 All Rights Reserved.